FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-04

昨日の日記…「宴の舞」奄美編ひと休み

幕末の奄美にタイムスリップする「宴の舞…奄美序章編」は★7で、取りあえずひと休みです。


奄美序章編は首里で執り行われる冊封式に各間切代表が出席することをストーリー展開のベースにしている。その頃の奄美の様子は原井一郎「苦い砂糖」を参考にした。島唄は元ちとせのCDが、島ゆむた(方言)は父母の喋り方と山下欣一ら「奄美大島大和村の昔話」の対訳の雰囲気が参考になった。また奄美大島南部から名瀬にかけての地理・地勢は国土地理院の地形図を利用した。

奄美大島南部の住用村(現奄美市住用)ルートは、車で往来するとわかるが、山岳と山間地帯の連続である。実際、薩摩藩士重野安繹らが通ったと思われるコースはどこで、どの様な景色が展開したのか…浅学の私にはわからない。可能であれば、いつの日か村境からの奄美の山々・風景を、立ち止まって見渡してみたい。


奄美序章編に続いて、次は清国の冊封使節団が福州から琉球へ向かう「福州編」です。これは原田禹雄(のぶお)「琉球と中国…忘れられた冊封使」がたいへん参考になった。原田氏は京都の医師。本業のかたわら、明代および清代の冊封琉球使録の邦訳と解説に取り組み、その成果を書籍に残している。「宴の舞…福州編」では最後の冊封使節の琉球王国までの航海を追います。

TOSHIJIジーファー
関連記事
スポンサーサイト

theme : 歴史大好き!
genre : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHIJI

Author:TOSHIJI
こんにちは
伊是名の会スタッフ、文化広報担当(自称)。踊れない、歌えない、飲み会を断れない…が特技。伊是名のステージの見えないところに光をあてる…つもりで取り組んでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。