FC2ブログ
2011-07-05

風は南から…奄美大島南部を歩く

この夏、20歳を迎える長女と一緒に帰省する。

千葉生まれの娘はレジャー、食べ物、観光を楽しみにしているが、わたしは今回は

湯湾岳登頂
大島海峡の海上タクシー
瀬戸内町・旧住用村(現奄美市)の市境散策

は外せない。

市境散策から時間を取って、市(いち)集落に周り、そこから奄美南部の自然消滅村「青久(あおく)」にも寄ってみたい。どのような景色が広がるのだろうか?かっての島民たち、古人たちも見たであろう景色をわたしも見てみたい。

伊是名流琉球舞踊の2代目朝親は、琉球の舞踊芸能を広めるとともに奄美各地の芸能を収集し、奄美芸能を確立するために奄美各地を回ったと聞く。

また、薩摩藩士で阿木名(瀬戸内町)に遠流になった重野安繹(やすつぐ)も、西郷隆盛を慕って奄美北部の龍郷まで徒歩で行ったと聞く。

朝親、安繹ほどは歩けないが、その足跡を自分の足で辿ってみたい。

8月の夏休みが待ち遠しい
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 水分補給してね

奄美の風さん、返信が超・・・遅くなってすみません(お借りしているブログなので勝手がわからず・・・言い訳モード・・・)

ありがとうございます。
青久には必ず行こうと思っています。

水ですね。

了解です。


> TOSIJIさん、青久散策には往復6kmの道のり、十分水分補給をされてお出かけください。
>
>  私は水が足りなくて青久の川の水をペットボトルに入れて飲んだけど最高においしかったですよ。
>
>  奄美の風サイトをいつも応援してくださりありがとうございます。
>
>  「奄美が好きHP」も御覧ください。

プロフィール

TOSHIJI

Author:TOSHIJI
こんにちは
伊是名の会スタッフ、文化広報担当(自称)。踊れない、歌えない、飲み会を断れない…が特技。伊是名のステージの見えないところに光をあてる…つもりで取り組んでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ